メールでのお問い合わせはこちら
03-6379-1740

最新製品事例
導入の秘訣
反射板一筋20年
メディア紹介
カタログPDFダウンロード

工場・倉庫のアサヒロジ株式会社 横浜物流センター様の省エネ対策にアイゼット技術が採用されました。

アサヒロジ株式会社 横浜支店様

メタルハライド700W1灯×202台
RLX-KT54601(6灯特注)×202台
  既存器具 導入器具
設置台数 202台 202台
消費電力/1台 730W 3127W
年間消費電力 884,760kWh 378,114kWh
計算条件 1日20時間300日点灯
削減効果 57.3%
アサヒロジ株式会社
東京支社/横浜支店 支店長
高木 正臣様

現状復帰が前提の賃貸物件の倉庫で大型テナントによるリニューアル。
照明は特注の6灯器具を導入しました。
■アサヒグループとして電気量の削減に挑戦中
私たちアサヒグループでは近年CO2削減を目標として、電気量の削減を推進してきました。その一環として、このたびの横浜物流センターにおける照明器具リニューアルでは、光源をメタルハライド(水銀灯)700Wから、ファクトリー6灯式(RLX-KT54601)312Wの特注タイプに交換しました。 リニューアルにおける提案では、「費用対効果」および「イニシャルコスト」で圧倒的にアイゼットさんの製品が優れていたため、導入が決まりました。既存のメタルハライドランプ700Wというのはかなり明るい照明であり、それに遜色ない照明として、特注のファクトリー6灯式が選ばれたという経緯があります。その他にも歓迎すべきメリットは多々ありました。

■交換の翌月から電気代が半分に!
特に電気代は、照明交換の翌月より半分になり、非常に驚きました。対象が倉庫ですので冷暖房などの空調費があまり掛かっておらず、電気代における照明費の比重が大きかったこともあると思いますが、これだけ顕著な電力削減は珍しいのではないでしょうか。

■設備投資の回収期間を短縮するイニシャルコスト低減
アイゼットさんの提案ではイニシャルコストの低減も注目すべきメリットでした。最初は他社メーカーのLED高天井照明器具導入も検討しましたが、本当に明るさを確保出来るか?という点や1台6~7万円と非常に高コストな点で懸念をしていました。ところがアイゼットさんの提案は、他社高天井LEDと省エネ性は変わらずコスト面においても非常に満足のいく内容であり、投資回収期間はなんと11か月という非常に短期間での回収が出来るという点で、これならいけるという希望的な感触を得たわけです。
もうひとつ忘れてならないことは、光源にフィリップスの長寿命蛍光管を使用したことです。通常の蛍光管では寿命が約12,000時間とされていますが、フィリップスの長寿命蛍光管だと約45,000時間になります。このランプは高効率で低コストを実現しており、ランプそのもので実質的に経費節減できていることも特筆に値することだと思います。

■隅々まで明るくなってフォークリフトの操作ミスが激減
さらに今回は6灯式を導入したことで、倉庫の天井近くまで明るく照らすことができ、積み上がっている商品の見やすさが向上したことと、フォークリフトの操作ミスによる接触事故も格段に減ったということがあります。これも照明交換の副産物であり、注目すべきメリットだと思います。

さらに色を正確に表現する演色性も向上しています。既存の黄色味がかった光による照明から、演色性の高い照明に変わったことで視認性が高まりました。操作ミスが減ったのには、この演色性も影響していると推察しています。

■賃貸物件のため躯体をいじらないことが施工条件
弊社の横浜物流センターは賃貸物件であり、躯体をいじらずに施工できる点も導入ポイントになりました。賃貸物件は基本的に現状復帰を原則としていますので、既存器具はすべて保管されております。

■訪れるお客様の印象もよくなる
また照明器具がスタイリッシュで見映えもよいため、倉庫を訪れる方々に「この照明はなんですか?」などと質問を受けることも多く、非常に注目されています。照明器具の見映えが良くなったことにより倉庫内がきれいに見え、お客様の印象もよくなりました。アイゼットさんの提案はたいへん実り多いもので、深く感謝するとともに、今後も頼りにさせていただきたいと思っています。
導入一覧へ戻る